最近は雨降りが多くなってきていて、現場では重機やトラフ設置が出来ない状態が続いています。
なので、事務所の中で内業をしています。僕は主に作業計画書の作成などをしています。
そして今は、排水路や用水路の管割図をCADを使って作成しています。
何の管が何本使用するか図を作り分かりやすくしています。
CADは初めの頃より使い方が分かり慣れてきました。
後もう少し図面を読み取れる力を早くつけたいです。
内業でも分からない事がたくさんあるのでこのような現場が動かない日も学ぶことがあるので先輩職員からたくさん学んで頑張っていこうと思います。
DSCN0158
DSCN0160


皆さんこんにちは。
大北土建工業の秋葉です。

だんだんと気温が暖かくなってきて緑の濃い季節になってまいりました。
富良野の街中では花壇にラベンダーの花が咲き始めています。

これからの季節、富良野近辺の農家さんでは果物などの販売や、
行楽地やキャンプ場もにぎわってくると思います。

6月の初めには富良野駅すぐ近くの場所に、
「コンシェルジュ富良野」という施設がオープンしました。
富良野での観光や商業をささえるような施設であり、
3階には宿泊施設も入っています。

来月末にはへそ祭りを控え、富良野で楽しめるイベントが始まっていきますので、
この記事を見た方も是非富良野にお越しいただいて楽しんで頂ければと思います。

それでは今日はこのあたりで筆をおかせていただきます。
次の更新も宜しくお願い致します。


現場に配属されて、約一ヶ月間になります。
最近は段階的に仕上がった田面の高さを取ったりしています。
そして、丁張のかけ方を教わったので、一人でかけに行ったりしていますが、
間違えることや分からなくなったしまうことがまだたくさんあります。
間違ったときに何で間違いをしたのか原因を見つけることが次に間違えないことだと思うのでしっかりとやっていこうと思います。
上司にあらゆる方向(CAD、現地、計算)からの確かめが大事だと言われたので今後それも意識しながらやっていき少しでも失敗をなくしていこうと思います。

上の写真はトラフの丁張をかけせさせて 
もらい、トラフの設置まで終わった状況です。
DSCN0053
下の写真が重機を使い基盤を押したり                 
設計の高さまでならします。そのあとに田面の高さを取ります 。                                                                                                                            
DSCN0059   

↑このページのトップヘ