こんにちは、澤田です。

今日の午後に安全推進室による、安全教育を行いました。

8月というだけあって特に熱中症のことを中心的に話していただきました。9月の熱中症率が5%に対し8月の熱中症率が50%と知り、いかに今熱中症対策が必要なのかを感じました。9月に入れば涼しくなるのを期待して今の熱い時期を乗り越えていこうと思います!!

また、今回自分も吊り荷の安全関係について事前に調べた資料を基にお話をさせていただきました。
玉掛は現場作業でよく必要となる作業で、それとともに危険な作業でもあると思い、自分なりに伝えたいことは伝えれたのかなと思います。

こんにちは、澤田です

私は今、排水路工、用水路工をやっています。

排水管の掘削から敷設、埋め戻しまでの一連の作業の中でレーザーレベルに触れる機会がとても多いです。

排水路、用水路工を施工するうえで、勾配設定の時、逆勾配になっていないか、管底高の高さを間違えていないか、砂利の厚み分引くのを忘れていないかなど注意する点がたくさんあります。

レーザーで床を決める際、場面に合った測量方法や、作業に使う道具、流れなどを早く覚えたいと思います。

また、今施工している箇所は排水と用水が隣り合っているので測点が同じ位置でも違ったり、勾配が違ったりするのでとても難しいですが、自分なりに考え頑張りたいと思います。



IMG_7837

こんにちは、澤田です。

 

いま私は、東神楽の現場で桝の設置作業をおこなっています。

桝を入れるのに高さを取って門丁張を出したり、トランシットでセンターを出したり多くの過程があるのではじめはとても大変でした。周りの作業員さんにたくさん迷惑をかけてしまいました。何をやるにしても新しい経験だったので今は少し慣れてきましたが、この経験を大事にしていきたいと思います。


最近までは、富良野の東中というところの現場に1か月近くいました。

そこではTSで横断を取ったり、田面の高さ取りをしたりしていました。やることと覚えることが多く今は大変ですが、早く覚えて一人で測量したり、丁張をかけたりできるようになりたいので頑張っていきたいなと思います。


IMG_7776

↑このページのトップヘ